2008年09月16日

啄木歌集



5年ほど前になるが、短歌を書くことに熱中していたことがある。

アメリカの留学先から帰ってきた友人、でも仕事も何もすることがなく、部屋に閉じこもって短歌らしきものを書き溜めていたのである。それに僕も便乗した。ふたりで短歌を書き散らかした。

もっとも、短歌とはどういうものか、僕らは何もしらない。5・7・5・7・7で言葉を並べる、ということくらい。

だから僕らの書いたものは正当な短歌ではない、と思っていた。あくまでも「なんちゃって短歌」にすぎないと。

そんなとき、石川啄木を手にとって驚いた。

「なんだ!?結局僕らのやっていることと同じやんか!?」

良し悪しはともかく、書いている内容、書いている視点は自分たちと同レベルでなのである。何か特殊なルールがあるようにも見えない。ただ、日々感じたことを短歌の文字数に当てはめているだけ。

そうか、短歌はこんなのでよかったのか。

文学者の中には、いや、短歌(和歌)にはもっと守るべきルールがあると主張する人もいる。しかし石川啄木は自分の書きたいように短歌を書いて、結局それが後世に残った。

たぶん、常識的に見ると「こんなのあり?」と思うようなものを「これでいいのだ!」と堂々と世に出してしまえる人が、本当の意味でのすごい人なんだろうな。

もっとも、啄木は歌人になりたいわけではなかった。本当は小説家を目指していたという。ひまつぶしに書いていた短歌が(それも死後に)注目されたということらしい。啄木は26歳で病に倒れ死んでいる。もう100年近くも前だ。

それなのに、彼の短歌はいまだに現代に生きる僕の胸を打つ。古典っぽくなく、今の文章としてスラスラと読める。

そして僕の痛いところを突くのである。グサッグサッ。アイタタタ、と。

全部は本を読んでいただきたいが、いくつか有名なもの&僕の好きなものを引用↓。

はたらけどはたらけど 
猶わが生活楽にならざり ぢっと手を見る


猫を飼はばその猫がまた争いの 
種となるらむ かなしきわが家

一度でも我に頭を下げさせし
人みな死ねと
いのりてしこと

薬のむことを忘れて
ひさしぶりに
母に叱られしをうれしと思へる


で、いきなり話は変わるが、何かモンモン、ウツウツとしている人は短歌を書くことをお勧めする

たった31文字というルール、しかしこのルールが、自分の心の核心部分を無意識のうちに切り取り、具現化してくれるのである。

そして100も書いた頃には、どの短歌がよくてどの短歌が悪いか、なんとなくわかってくる。

そう言っている僕は最近書いていないが。5年前は自分の短歌集を個人出版するほどに熱中したのだが。
posted by にあごのすけ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。