2009年09月12日

ウィトゲンシュタイン入門(永井均)



ついに登場! 哲学の巨匠ウィトゲンシュタイン!

……と息巻いているのは僕くらいかもしれないが、そんなことはさておき。

常々思うのだが、果たして日本人に哲学(具体的にいうと西洋哲学)は必要か? そもそも日本人は哲学できるのか?

僕なりに定義しておくと、哲学とは、論理的に(つまり理屈で)考えて、「この世とは何か?」を探求する方法である。

だから、哲学が「万学の祖」と言われるとおり、あらゆる学問の中で哲学的探求がおこなわれている。数学も物理学も、哲学から派生した学問である。

だが、そういう特殊なジャンルで研究しているわけではない一般庶民に哲学が必要か、というと疑問がある。

欧米の場合は事情が異なる。西洋哲学は文字通り、西洋で生まれたものであるわけで、欧米の言語や文法に深く根ざしている。

欧米の言語は、主語と述語がはっきりしていて、時制も明確である。だから論理的な思考が組みやすい。極端な話、何気ない日常会話がそのまま哲学的議論になっていることもありうる。

でも日本語はちがう。

主語も述語も時制もあいまい。論理的思考をするのに向いていない。

だから日本人同士で議論をするとすぐに話が脱線する。

「それは屁理屈だ!」

僕がよく言われる言葉であるが、日本人は「非常識な考え=屁理屈」と思っているフシがある。実は非常識な考えでもスジが通っている場合はあるし、逆に常識的な考えでもスジが通っていないこともある。そのへんを判別するのが日本人は苦手である。

で結局、議論しても最後はうやむやになるか、「まあまあ考え方は人それぞれだから」で終わる。和をもって尊しとなす。そのくせ、自分が正しいと感じたことは根拠が破綻しているのにも気づかず正しいと言い張るからタチが悪い。

だから、ちょっと哲学書でも読んでみようかな、と思っている人、悪いことは言わないからやめときなさい。

哲学的素養がない人が哲学をやっても、自分をちょっと賢く見せるためのツールくらいにしかならんから。哲学的素養のある人間なら、そもそも哲学書を読む前からひとりで哲学を始めている。

さて。我らが日本人のことをケチョンケチョンに言っているように見えるかもしれないが、実はそうではない。実は持ち上げているのである。それはいまから話する。

ウィトゲンシュタインを読むにあたっても哲学の素養が必要である。

たとえばこんなことを真剣に考えたことのある人。

「自分はどこから来たのか?死んだらどうなるのか?」
「神様はいるのかいないのか?」
「自分にはなぜ意識がある?なぜここにいる?」
「この世界は本当に存在するのか?自分がつくった幻なんじゃないのか?」


ただ考えただけではだめで、自分自身で試行錯誤して答えを求めようとしている人でなければならない。

そんな人にとってウィトゲンシュタインは、目からウロコの哲学者になるだろう。

なぜなら彼は、ありとあらゆる哲学的問題の答えをひとりで出してしまった哲学者だから。

具体的に言うと、「哲学なんて無意味だ!」ということを哲学的に証明してしまった哲学者。ウィトゲンシュタインの登場で、2500年の歴史を持つ西洋哲学は終わりを迎えてしまったのである(もちろんそう思っていない学者もたくさんいるが)。

そして彼がたどりついた境地は、日本人の感覚(あるいは中国や日本の禅思想)に非常に近いものだった。

だから哲学の素養がない、まして日本人とくれば、ウィトゲンシュタインはまったくもって理解不能であることもある。他の哲学者なら、入門書を読んで最低「わかったようなわからんような…」くらいに理解することはできても、ウィトゲンシュタインともなるとわかったような気になることすらできない。

「何あたりまえなこと言ってんの?」

ウィトゲンシュタインを学んでも、そう言ってポカンとする人が多いのではなかろうか。実際僕はそういう人間にたくさん会った。

これまで「哲学の素養」と偉そうに言ってきたが、これも表現を変える必要がある。

ウィトゲンシュタインは、哲学する人間を、壷にはまって出られないハエにたとえている。

言ってみりゃ哲学とは、脳という回路の、無限ループに陥るバグなのである。哲学とは「病」なのである。

意味がないとわかっていながらえんえんと哲学的に考えずにはいられないという点でまさにその通り。

僕もまたそのひとりである。
posted by にあごのすけ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

睡眠薬考(3)

睡眠薬については以前にも記事に書いた。

睡眠薬考(前編)
睡眠薬考(後編)

しかしやっぱり眠れないのである。眠れるようになった、と思っても、すぐにまた不眠になってしまうのである。

僕の場合、正確には不眠と言うより睡眠障害だろう。夜眠れない。しかし昼は死ぬほど眠い。

僕の「睡眠薬歴」をまとめておこう。

1.ハルラック(ハルシオンのジェネリック)

これは飲んだ5分後くらいに眠気が訪れる。しかし決まって悪夢を見てすぐに目がさめてしまうので、次の組み合わせに変わった。

2.ハルラック+ラボナ

悪夢は見なくなったが、やっぱり3時間くらいで目がさめてしまう。
ちなみにラボナはバルビツール系睡眠薬と言われ、歴史は古く、毒性も強い。芥川龍之介が自殺に使ったのも同じ系統の薬。

3.ハルラック+ラボナ+ビビットエース(ロヒプノールのジェネリック)

ハルラックが超短期型なのに対し、ビビットエースは中期型である。
これで朝までぐっすり眠れるようになった……と思っていたのは僕だけで、ビビットエースのせいで、眠りにつかずに無意識に何時間もしゃべり続ける、という困った事態になった。いわゆる薬物性健忘というやつである。

さらに、目がさめても昼まで朦朧状態、夢と現実の区別がつかない状態となった(くわしくはこちらの記事)。アメリカその他の国では禁止薬物に指定されているくらいだから、かなり強い薬なのだろう。

医者に訴えると、今度はこんな組み合わせになった。

4.ハルラック+ラボナ+ビビットエース+ベタナミン

ベタナミンは睡眠薬ではない。かつて問題になったリタリンと同じく、合法の覚せい剤に分類される。とにかく強引に眠らせて強引に目をさまさせよう、という発想か。僕にはあまり効かなかったが。

こうして薬物の負の連鎖が止まらなくなっていく……。

ここで事情により、僕は病院を変わった。

「ベタナミンをやめるのは苦労しますよ」

医者に言われた。しかしベタナミン、僕にはまったく効かなかったせいか、なんの問題もなくやめることができた。

睡眠薬の組み合わせは次のようになった。

5.ユーロジン+コントミン

ユーロジンは中期型。コントミンは、統合失調症患者の沈静などに使われるメジャートランキライザーである。なぜこんな薬を出されたのかわからないが、睡眠を持続させるためだろう。

しかしこれが効かなかった。かわりに、飲んでから3時間後くらいに急に睡魔に襲われたりする。コントミンが糖衣錠だからではないかと思っているが、理由は不明。

そこでこんな組み合わせも試した。

6.ユーロジン+コントミン+レンドルミン
7.ユーロジン+コントミン+エバミール


これで一時的に眠れるようになったが、耐性がついてしまうせいか、すぐに不眠に戻る。しかし前の医者はバンバン薬を増やしたのに比べ、今度の医者は、なかなか薬を増やそうとしない(おそらくそういう医者のほうが良い医者なのだろうが)。

「運動をすると眠れるようになりますよ」
「太極拳を習ってみてはどうですか」


しかし何をやっても睡眠障害は改善しない。夜眠れなくて昼眠い。

先日昼間に病院に行った。

待合室で僕は眠りこけてしまった。医者がいくら名前を読んでも起きなかったらしく、診察中も僕は朦朧状態。これを見て医者はようやく睡眠薬を変えようと言い出した。

8.ユーロジン+セロクエル

セロクエルもコントミンも、同じメジャートランキライザーである。そのちがいは何か? 調べると両方とも、脳内物質であるドーパミンとセロトニンを抑制する薬である。しかしうつ病は、セロトニン不足で起こるんじゃなかったっけ?

不思議である。おそらく医者も医学も、薬が効く理由についてはまだよくわかってないのではないか。薬の組み合わせ方、処方の仕方も、医者によってバラバラ。どちらかというと経験から薬を調合する漢方薬医に近い印象を受ける。

しかしとにかく、現在はこのユーロジン+セロクエルでなんとか落ち着いた次第。

強制的な感じではなく、自然と眠りにつける。6時間ほどで目がさめる。起きても眠気は強い。いくらでも眠り続けられそうな感覚はある。そこはコーヒーを飲むなり煙草を吸うなりしてしのぐしかない。


※精神疾患がややこしいのは、おそらくそれは必ずしも「脳の病気」と言えないからではないかと僕は思っている。

僕が思うに、「こころ」は脳の中だけにあるのではない。「こころ」はおそらく、脳を含めた人間の関係性(人間関係、文化、言語)に、分離不可能なくらい密接につながっている。

posted by にあごのすけ at 07:24| Comment(5) | TrackBack(0) | 精神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。