2008年07月31日

太宰治・滑稽小説集



二十歳の頃、ニヒルを気取ろうとして太宰治を何冊か読んでみたが、良さがちっともわからなかった。理解できなかった。

でもいまならわかる。太宰治の小説はおもしろい。「良い」というのではなく、文字通り「面白い」。可笑しいのである。

太宰というと一般には、表情に憂いをたたえ、苦悩して自殺した作家、という暗いイメージがあるようである。

でも僕にはしっくりこない。僕にとって太宰は、自虐ネタを売りにしているお笑い芸人のように映る。

このイメージはあながち的外れではないように思う。太宰は短編を中心に数多くの小説を残したが、意外と笑えるものが多い。あの『人間失格』だって、僕は「自虐ギャグ小説」として読んだ。そういう視点で読むことによって、初めて「おもしろい」と感じることができた。

太宰のユーモアのセンスは秀逸である。まさに天才的である。実際、お茶目な人だったのだろう。

では、なぜそんなユーモアあふれる人間が何度も自殺未遂をしたあげくに本当に死を選んでしまったのか。

なんとなくわかる気もする。でもうまく説明できない。

「可笑しさ」の影にはどことなく「悲しさ」の影がつきまとう、と言ってみたところで説明にはなっていない。

『人間失格』の中で主人公は、他人の心が理解できず、その恐怖を隠すために道化を演じ続けてきた、と書いている。でもこれがそのまま太宰にあてはまるかというと、そうでもないような気がする。

人生や世界の前では、人間は明確な答えを出すことができない。真理に手を伸ばしたとたん、言葉は空回りし始める。この「空回り」こそがユーモアの源泉なのか・・・・・・などと哲学的言語学的に考えてみたりもするが、ともかくいまの僕はまだ結論を出し切れずにいる。

さて、今回ご紹介する本は、太宰治の短編小説のうち、特にユーモアあふれるものを選び出して編纂したものである。

この本に収録されている「畜犬談」「男女同権」が特におすすめである。
何度読んでも飽きない。何度読んでも笑いがこみ上げてくる。

でも。これは僕の個人的意見ですが。

「あの太宰にもこんなお茶目な一面があったんだ」という風に読んではいけない。

実はお茶目な人間ほど、案外あっさり自殺してしまったりするモンなんです。
posted by にあごのすけ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

太宰治/畜犬談(ライブ版)
Excerpt: 太宰治/畜犬談(ライブ版)
Weblog: Blog 表現よみ作品集
Tracked: 2008-08-01 20:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。