2008年09月17日

ロヒプノール(ビビットエース)

医者からある薬をもらった。

不眠を治すため、もともと短期作用型の睡眠薬をもらっていた。しかしこれを飲んでも悪夢にうなされ、2、3時間で目が覚めてしまう。

そこでさらに、睡眠中に利くという抗不安剤をもらった。しかしこれを飲むと悪夢は見なくなったものの、深夜に無意識のまま徘徊するというやっかいな事態が起きた。

それで次にもらったのが、この問題の薬である。

効き目は7時間。朝までぐっすり安眠できる。しかし「問題」というのは目が覚めない点だ。無理やり起きても、朦朧状態がつづく。

たとえば目を覚ます。仕事に行かなければ、僕は服を着替える。が、次の瞬間、僕はいつのまにか布団に横たわっている。着替えてすらいない。さっきのは夢だったのか。

今度こそは、と僕は身なりを整える。準備万端、ドアを開け、階段を下りる。調子いいぞ、と思った次の瞬間、僕は実はまだ家の中にいて、着替えの途中で床に横たわっている自分に気づく。またしても幻。

やったつもりが実はやっていない、夢と現実とが交互に訪れる、こんな状態が昼までつづく。物事がなかなか先に進まない。「目がさめる薬」というのももらっていて、これを飲むと少しは意識がはっきりする。しかしやっぱり起きられなくて僕は会社を午後出勤する。

不眠を治すはずが、薬のせいで会社に行けない。本末転倒ではないか。これはまずい、問題がありすぎる。

そこで今日、通院の日、僕は「問題の薬」を止めてもらうことにした。

通院の日が一番つらい。というのは、例の「目がさめる薬」は前日分までしかもらっていないわけで、前後不覚のまま医者に行かなければならない。

僕は家を出る。クリニックまでタクシーで行こう。僕はタクシーを止め、後部座席に乗り込む。

と思ったら、僕はなぜか歩道に突っ立っている。おかしい、さっきタクシーに乗ったはずなのに、さてはあれも幻だったのか。

次はだまされないぞ、僕は再びタクシーを止める。なんとかクリニックにたどり着く。診察券を渡し、順番を待つ。

「○○さんどうぞ」

名前を呼ばれ、診察室のドアを開ける。

「このまえもらった薬ですけど」
「はい」
「あれは僕には合わないです、利きすぎます」
「そうですか」
「毎日昼まで朦朧としてしまいます」
「じゃあ止めましょうか」
「はい、お願いします」

その時、

「○○さんどうぞ」

名前を呼ばれ、僕は驚く。我に返ると僕はまだ待合室にいる。またこれだ。僕は診察室に入り、さっき「予習」したことをくりかえす。

「このまえもらった薬ですけど」
「はい」
「あれは僕には合わないです、利きすぎます」

これで「問題の薬」とはおさらばだ。午後から出勤しなければいけないので、僕は電車に乗り込む。会社の前に着くも、まだ朦朧としている。こんな状態で出社するのはさすがにマズイだろう。喫茶店に行こう。そこでさきほどもらった「目が覚める薬」を飲むのだ。

テーブルについた僕はアイスコーヒーを頼む。いつのまに来たんだろう、向かいにはY子さんがすわっている。

「なんで喫茶店入ったん?」
「目が覚める薬を飲むねん。それが利き出してから会社に行くねん」

僕はそう言って薬を取り出し、コーヒーで胃に流し込む。しかし気がつくと彼女はいなくなっている。手もとを見ると薬が握られている。まだ飲んでいなかったようだ。そもそもY子さんがこんなところにいるはずないではないか。

今度こそちゃんと薬を飲み、ここは文庫本でも読もう、そして目が覚めるのを待とう。

僕は読み始める。すらすらと読み進む。ようやく目が覚めてきたか。そう思い、でも気がつくと手もとに文庫本がない。本はいつのまにか床に落ちている。じゃあさっき僕が読んでいたのはなんだったんだ?

30分ほどたち、ようやく正気を取り戻した僕は店を出る。

店の前で、僕は偶然昔の友人にでくわす。高校以来だ、17年ぶりの再会だ。互いに驚きながら、近況についてしばらく立ち話をする。電話番号を交換し、近いうちに飲みにいこうと約束する。

いま、携帯を見るとちゃんと彼の番号が登録されている。さすがにあれは現実だったようだ。

それとも、あれも僕の幻覚にすぎなかったのか?
posted by にあごのすけ at 04:43| Comment(0) | TrackBack(2) | 精神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ロヒプノールとビビットエース
Excerpt: ここ数日、寝付きがあまり良くない。状況的なところもあるけど、どうもビビットエース(ロヒプノールのゾロ薬)のせいのような気がしてならない。 いつも就寝の30分前に2mg(1錠)服用して床につく。しかし..
Weblog: 転職でうつ病 ~復職日記~
Tracked: 2008-09-18 19:12

写真で比較するロヒプノールとビビットエース
Excerpt: 先日の診察でロヒプノールを入手したので改めて写真で比較。左がロヒプノールで右がビビットエース(ロヒプノールのゾロ薬)である。ビビットエースの厚みがわかるだろうか? ビビットエース、結構余らせて..
Weblog: 転職でうつ病 ~復職日記~
Tracked: 2008-09-23 19:32
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。