2009年02月11日

現代思想の遭難者たち



哲学の入門書とは正反対に位置する本。具体的に言うと、いしいひさいちが、哲学者をパロディにしたマンガ集なのである。

10年ほどまえ、現代思想の冒険者たちという全31巻からなるシリーズが刊行された。重厚だがわかりやすく、なおかつけっこう深いところまで突っ込んだ、哲学の入門書としてはおすすめのシリーズである。

その本1冊ごとに小冊子が付録でついていた。その小冊子の片隅に、いしいひさいちが哲学をギャグにした4コママンガを連載していた。それを集め、さらに新作を追加して1冊のマンガ本にしたのがこの本である。

だからこの本は、正統な入門書である『現代思想の冒険者たち』シリーズの番外編に位置する(出版社も装丁も同じである)。

しかし、よくもまあこんなモノ(と言うと失礼だが)出版したものである。言うなれば哲学マニアの内輪ネタ・楽屋ネタなのである。哲学を知っている人にとっては笑いどころ、ツッコミどころ満載。爆笑もの。でも哲学を知らない人にとっては何が面白いのかさっぱりわからないのではないか。

だがしかし。さきほど、「入門書とは正反対に位置する本」と書いたが、言わば哲学の裏入門書として、ここから入っていくのもアリなのかな、とも思う。

時々テレビでお笑い芸人たちが、一般にはわからない楽屋ネタや内輪ネタで盛り上がってたりする。さっぱり意味はわからなくても、なぜかおもしろかったりする。

ああいうのを面白がれる人ならば、この本も面白いのかもしれない。そして哲学に興味を持つきっかけになるのもしれない?とも思う。



posted by にあごのすけ at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。