2009年03月25日

離人症と言われる

朝、起きられなくなった。

医者に相談して睡眠薬を減らしてもらった。

今度は夜眠れなくなった。

目覚めているわけでもなく、夢うつつの状態が朝まで続く。

朦朧とした意識の中、無数の思考がグルグルとうずを巻く。

思うのは過去のことばかり。

ふと身体を起こして部屋を眺める。

母を呼んでみる。「おかあさん」声に出して呼んでみる。

返事はない。僕は気づく。

そうだった。僕はもう子どもではなかった。大人になってひとり暮らししているのだった。

そんなことが何度も続く。

次第にここがどこだかわからなくなる。大阪か滋賀かアメリカか。

「いま」がいつなのかわからなくなる。僕は小学生か、大学生か、会社員か、老人か。

これまでに出会った友人や彼女がランダムに目の前に現れては消えるが、どれが「いま」つきあいのある人間かわからない。

そして朝が来る。

僕は大阪にひとり住んでいる。会社勤めをしている。

それはわかる。

でも街の風景が奇妙に見える。

これは「過去」の風景なのか。あるいは「いま」なのか。

いまは1999年か、2009年か、はたまた2019年か。

頭ではわかっている。

でも過去の記憶や未来の想像と同じくらい、「現実」にリアリティがない。

すべてが架空の世界に見える。

「離人症」

医者に言われた。

こういう感覚を離人症と言うのだそうだ。

言うなれば、パソコンが僕の心身だとすると、それを操作している自分が「魂」であって。

パソコンと自分がどんどん離れていく感覚か。

世界は見えるし音は聞こえる。でもとても遠くに感じる。

離人症は薬ではなおらない。

様子をみるしかない。

心と身体を離れて、魂だけで飛んでみる。

それもありかもしれない。

そしてふと思う。

どこか遠くに「本当の世界」があって。

そこには苦しみも悲しみも争いもなく。

すべての人たちが、ただ幸せに暮らしている。

その世界のほうが、この「現実」よりもずっとリアルに感じられてくるのだ。
posted by にあごのすけ at 00:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 精神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も同じ病気です よく がんばってお仕事 されてますね。 おかあさんのもとに帰ることはできないのですか 私は買い物も料理もできなくなりました。一生 同じなのは 分かっています。 娘がいるだけにつらいです。 
Posted by べべ at 2011年02月03日 16:42
私も同じ病気です。
そして「本当の世界」をリアルに感じていて、いつも「そこに帰りたい」と思っています。
この病気のある種のパターンなのでしょうか。
不思議ですね。
Posted by at 2011年02月13日 01:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/116173813
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。