2009年04月12日

精神科医にすすめられた本「言葉と沈黙」



「あなたの症状は複雑である」

ここ最近、かかりつけの精神科医からよく言われる言葉である。どう複雑なのかは僕にはわからないが、こうも言われた。

「あなたは自己内省しすぎである」

精神を病んでいる人間は普通、自己内省をするものなのかどうなのか。健全な自己内省とはいかなるものか。そのへんの標準が僕にはわからないからなんとも言えない。

しかし自己内省につまずいている人がいるから、そのサポートとしてカウンセリングという療法も存在するのだろう。

自己内省は自分のイメージをより明確にさせるためには必要だが、それをやりすぎると見てはいけない自分の真の姿まで見てしまう、ドツボにはまる。そういうことなのだろうか。実際、僕の通院している病院にもカウンセラーはいるが、カウンセリングをすすめられたことはない。

最近、医者に言われたことで強く心に残った言葉があった。

彼は遠い目をして、独り言でも言うようにこう話し出した。

「私が医者になりたての頃だからもう30年も前・・・・・・。インターンとして大学病院に勤務していたときに、あなたのような患者はたくさんいたような気がしますねえ・・・・・・」

彼の言葉の意味がすぐには理解できなかった。つまりは僕は、古いタイプの患者ということか。

高校時代、担任にこう言われたことを思い出す。

「君と私とは年齢こそちがうが・・・・・・実は同じ世代の人間なんだよ」

いまでも飲み屋に行くと時々言われる。60歳前後の男性に、話ほとんどしないうちから、

「君のようなタイプの人間はいまどき珍しいなあ。僕が若い頃にはたくさんいたけれど・・・・・・なつかしいなあ」

どのへんが「古い」のかはよくわからない。おそらくは哲学的に悩んでいるところが昔の学生運動の頃の若者と共通しているのだろう(もっとも、「哲学的に悩む」なんてことは実際には不可能に近いと思っている。自分の苦悩に哲学的解釈を与えようとしているだけだ)。

とにかく、医者のこの言葉ですべてが僕の頭の中でつながった感がある。そうか、僕は古いタイプの人間なのだと。妙に腑に落ちたのである。

さらに医者は、精神医学の専門書を読んだことはあるかと前置きしたあと、メモ帳に走り書きをして僕に手渡した。

「気が向いたら読んでみてください。何かの手がかりになるかもしれませんよ」

こうして薦められたのが、今回紹介する本『言葉と沈黙』である。

精神科医が書いた論文集。論文集だからテーマはバラバラだが、スタンスは一貫している。

精神病の患者は医者にさまざまなことを訴え、伝えようとする。言葉にできない感覚をなんとかして表現しようとする。統合失調の患者となると、その訴えはさらに理解不能になる。

そのような患者たちが本当はいったい何を訴えようとしているのか。著者はそれを考察する。科学的スタンスと臨床の立場は固持しつつも、患者の心の内部に踏み込んでいこうとする試みである。

精神医学用語のほかに、哲学用語もたくさん出てくる(著者は「人間学的なアプローチ」と言っているが)。専門書だから難解ではあるのだが、この手の本の中ではかなり読みやすい部類に入ると思う。

しかしどうしてこんな本を医者は僕に薦めたのだろう。学者向けの本なのである。いうなれば精神科医のための参考書、虎の巻である。それを患者に読ませるとは、自分の手の内を見せることに等しい。

もはや「自分で考え抜いて自力でそこから脱出しろ」ということなのだろうか。

きっとそうなんだろう。

医者に通って躁うつ病だと診断されたときは、正直言ってうれしかった。

自分の苦悩に名前がついたこともうれしかったが、それよりも何よりも、自分が「普通じゃない」「何か特別な」人間だと証明されたような気がしたのである。

でももはやそんなことを言っていられる状況ではなくなっている。

僕の心も、僕を通して見ているこの世界も、徐々に解体を始めているような気がする。もはや猶予はない。早くここから抜け出さなければならない。
posted by にあごのすけ at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。