2009年05月03日

忌野清志郎逝く



忌野清志郎が死んだ。

昨夜それをテレビのニュースで知ったとき、僕は酒場で酔っ払っていた。酔ったいきおいで店のギターを手にとり、追悼のつもりでRCサクセションの歌を何曲か唄って帰った。

しかし今朝目が醒めて、あらためてニュースを見たりYoutubeを見たりしても、どうしても実感がわいてこないのである。簡単な言葉で言うと、信じられない。

尾崎豊が死んだときもショックだったが、彼はいかにも死にそうな、死と隣りあわせで歌っているようなオーラを出していたし、ショックをうけながらも「やっぱりな・・・」と受け入れられる部分はあった。

だが忌野清志郎となると僕はそうはいかない。すんなり事実として受け入れられない。ガンとの闘病、そして再発は知っていたが、それでもさすがに彼は死なないだろう。そんな気にさせるミュージシャンだった。

このブログではいろいろなミュージシャンを取り上げている。尾崎豊、さだまさし、ミスチル、大槻ケンヂ、などなど。

ジャンルが一見バラバラだが、僕の中では共通項がある。それは「人生とはなんだ!?」を深く考えて歌にしているところだ。僕は基本的に、「音」よりも「言葉」で聴く音楽を選んでいるふしがある。

しかしRCサクセション、そして忌野清志郎に関してはちがう。僕にしてはめずらしく「音」に惚れ込んで聴き始めたミュージシャンだ。

僕はRCサクセションの世代とは微妙にズレているが、年上の友達にすすめられて聴き始めた。そして目からウロコが落ちた。

当時(いまもだが)僕は作詞作曲をやっていた。ギターはへたくそ、音楽理論も何も知らなかった僕は、『やさしい作曲のABC』なる本を買ってきた。そこにこんな趣旨のことが書いてあったのである。

『C調の曲では、C、Dm、Em、F、G、Am、Bdim以外のコードは使ってはいけない!』

クラシックやフォークではたしかにそうなのかもしれないが、僕はこれを真に受けてしまった。そして苦しんだ。僕の心に浮かぶメロディーに合うコードが見つからないのである。

だからRCサクセションを最初に聴いたときは「これこれ、探していたのはこれだ!」という喜びがあった。変な話だが、RCを聴いて初めてビートルズの良さもわかった。

音楽理論なんて気にしなくていいのだ。無視していいのだ。もちろん彼らの音楽も、別の音楽理論にあてはめることは可能だが、そんなことはおいといてとにかく気持ちのいいコードを自分で見つけて歌えばいいのだ。

RCのおかげで、そんなあたりまえのことがようやくわかったのである。

忌野清志郎の歌詞に対しても驚きはあった。とまどいというべきか。

悪く言うと、全然詩的じゃない。でもストレートである。感じたことを心の中であまり加工せず、感情をすなおに、時には皮肉って歌う。

紹介しているソロアルバム『メンフィス』は、ちょうど僕が鬱でひきこもっていたときに聴いていて、その中の「世間知らず」という曲が自分にマッチした。

http://www.youtube.com/watch?v=uGW4eU-A4ao

世間知らず

詞曲 忌野清志郎

苦労なんか知らない 恐いものもない
あんまり大事なものもない そんなぼくなのさ

世間知らずと笑われ 君は若いよとあしらわれ
だけど今も夢を見てる そんなぼくなのさ

部屋の中で 今はもう慣れた
一人きりで ボンヤリ外をながめてるだけ

世間知らずと笑われ 礼儀知らずとつまはじき
今さら外には出たくない 誰かが迎えにきても

部屋の中で 今はもう慣れた
一人きりで ボンヤリ外をながめてるだけ

苦労なんか知らない 恐いものもない
世間知らず何も知らず 夢をまだ見てる
そんなぼくなのさ そんなぼくなのさ


1992年の曲だから、まだ「ひきこもり」という言葉がない時代である。彼はひきこもりの経験があるのか、RCのファーストアルバム『初期のRCサクセション』の中にもこんな曲がある。

寝床の中で

詞曲 忌野清志郎

腹が減っても金も無い
あの娘にふられても涙も出ない
情けない情けない

たずねてくれる人もない
出かけていくにも服がない
情けない情けない
何も何もしないで寝床の中で

やりたい事はあるけれど
どうにも出来ずにくちびるかむだけ

しけもくさがして空しくふかす
心はまるで老いぼれサ
心はまるで老いぼれサ

情けない情けない情けない情けない
何も何も出来ずに寝床の中で


彼の歌にはなんの示唆もない。根拠も方向性も示さない。何も答えない。でもそれがいいのだ。

何も言わずに微笑んでとなりに腰かけてくれる友人のような。ひきこもっていた僕にとって、このふたつの曲はそんな存在だった。救われた。

天国や地獄があるのかどうか知らんし、だから「冥福を祈る」なんて言葉も使いたくない。

ただ「ありがとう」と伝えたい。
posted by にあごのすけ at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。