2009年07月27日

時をかける少女(アニメ映画)



ひさしぶりに「良い!」と感動した映画。

まず主人公である女子高生・紺野真琴が良い。うつな僕としては、やっぱりこれくらい単純明快で明るくてボーイッシュな女の子にあこがれるのである(うつな男とうつな女が出会ってもろくなことがない……)。

それに登場人物全般に言えることだが、いわゆるアニメ声な声優ではなく、どこか素人クサイところがまたよい。貞本義行の絵も非常に良い。表情の微妙な変化の描き方がうまい。

昔の実写映画版は原田知世くらいしか印象に残っていないが、こっちのアニメ版のほうがずっと良い。

ストーリーは原作とも実写版とも大きく異なっているが、ストーリーのあちこちに散りばめられた何気ないシーン。それがあとあと意味を持ってくる。話として良くできていると思う。

何より、僕がまったく飽きることなく一気に最後まで見続けられたのは、この映画が持っている「疾走感」にあると思う。

実際、主人公の真琴はよく走る。自転車に乗って、あるいは自分の足で、とにかく走るシーンが多い。

ストーリー展開もテンポが良いのだが、合間合間に「静」のシーンがはさまっていて、見る側を惹きこんでいく。

……とまあ、僕としては大絶賛するアニメなわけだが。

この映画はSFであると同時に、青春モノ、恋愛モノである。

恋はせつない。

なぜこんな話をするかと言うと、この「せつない」という感覚と、この映画のテーマのひとつである「時間」とは、非常に深く関係しているからである。

「せつない」の語源である「刹那(せつな)」は実は仏教用語である。

心が感じられる時間の最小単位を仏教では「刹那」と呼ぶ(一説では75分の1秒)。

つまり「せつない」とは、この一瞬を愛惜しむ感覚のことである。「今」という一瞬を愛し、二度と戻らない「過去」という一瞬を惜しむ感覚。「今」という瞬間をつかんだと思った一瞬後には、すでに取り戻せない過去に飛び去ってしまう、あの感覚。

考えれば「愛」は不変的・安定的であることが求められるが、「恋」は非常に流動的である。

相手を意識し始めると同時に「恋」ははじまっている。距離を縮めていく過程も「恋」。つきあい出してときめくのも「恋」。そして別れも、また「恋」の一部である。

常に流れている。流れを失った時点で「恋」は終わる。恋している限り、せつなさは続く。いくらむさぼっても決して満たされきれず、矢のように飛び去っていく一瞬を取り戻そうにも取り戻せない、あの感覚。そして結果的に、この「せつない」という感覚が恋の終わりを加速する。

人の生き方もこのふたつに分けられるかな。

「不変性」を求める生き方と、「流動性」を求める生き方。

前者は変化を望まず、平和な夫婦関係や家族関係が一生続くものと信じ、判で押したような規則正しい生活、仕事は単調だが収入が途絶えることはない。

後者は常に新しいものを求め続け、異性にしても仕事にしても生活にしても常に「恋」をしている。そして出会いと別れとをくりかえす。

人はこのどちらかのタイプに必ずしも分けられるわけではなくて、ずっと安定志向だったのが急に新しい変化を求めたりする。

人生とは非常にタチが悪いものであるのだな。

恋愛ドラマとしても、青春ドラマとしても、非常にせつなさの残る映画でした。不覚にも泣けた。
posted by にあごのすけ at 05:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日はトラバありがとうございました。せつないの意味、よく分かりました。本作、とてもいい映画でした。私のページにもまたぜひいらして下さい。
Posted by taka at 2009年07月30日 23:32
>takaさん

コメントありがとうございます。

ひさしぶりのいい映画でした。僕はそれほどアニメは見ていないほうですが、アニメ好きじゃない方にもおすすめしたい映画です。
Posted by にあごのすけ at 2009年08月09日 14:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。