2009年08月30日

美しい朝(さだまさし)



先週、さだまさしのコンサートに行った。

祖父の死の直後にコンサートに行くなんて、まるで『異邦人』のムルソーのようだと言うなかれ。新アルバム『美しい朝』発売に合わせたコンサートツアーだったのだが、アルバムとコンサートの内容と、祖父の死、これが僕の中で奇妙にもリンクしたのである。

観客はあいかわらず年上ばかり、僕の歳でも最年少クラスに属するのはいつもと同じだったが。

今回のアルバムはちょっと異色である。仏教くさいのである。これまでだって、寺や仏教思想について歌った曲はたくさんある。しかし今回は、なんだがアルバム全体が仏教的なのである。線香のにおいがしてくるのである。

アルバムのライナーノーツとライブのパンフレットにはこうある。

「2008年6月に起きた、東京・秋葉原での無差別殺人事件以来、僕の心は少し凍りついてしまい、生命の重さについて考え続けた一年が過ぎた」

そして、

「殺したいほど憎い奴というのは現れるものなんですよ。でも、本当に殺しちゃダメなんです。死にたいほど苦しいことってあります。でも死んじゃダメなんですよね。そんなに早く殺さなくてもいずれ死ぬから。そんなに早く死ななくてもいずれ死ぬから

そんなメッセージを伝えたくてこのアルバムを作ったという。

さらりと、でもとんでもないことを言う。「いずれ死ぬから」今を生きろと。なんというか、マイナス思考をとことん突き詰めていくうちに、いつのまにか裏返ってプラス思考になった感じ。こういう逆転の発想、動機からして非常に仏教思想的なのである。

さだまさしは暗い歌を歌いながらも、全体としては生きることを肯定してきたアーティストだが、ここまでさらりと本音を語ったことはこれまでなかった。ひとつには還暦に近づき、自分の「死」というものがリアルに感じられるようになったからかもしれない。

決して仏教的な歌ばかりではない、長崎弁ラップ『がんばらんば』の続編や、ソフトバンクのCMで使われた『私は犬になりたい¥490』も収録されている。

でも『私は犬になりたい』の歌だって、よくよく聴けば仏教の輪廻転生の歌のように思えてくる。

僕が感慨深かった曲のひとつがこれ↓。

LIFE

詩・曲 さだまさし
たとえばふらりとお茶でも呼ばれるみたいに
この世に生まれ
四方山話に花を咲かせてまたふらりと
帰って行く
そんな風に生きられたらいい
喜びや悲しみや生きる痛み
切なさも苦しさもそれはそれとして OH MY LIFE
あなたがそばにいる それだけで
他にはなにもいらないと思う

たとえばこの世と別れるその日が来たとき
笑えたら良いね
名残は尽きないけどまたいつか会おうねと
じゃあまたねって
晴れた日も雨の日も嵐の日も
愛も怨みも悩みも時が経てば
懐かしい微笑みの向こうに繋がるもの OH MY LIFE
あなたがそばにいるそれだけで
他にはなにもいらないと思う

たとえばふらりとお茶でも呼ばれるみたいに
この世に生まれ
四方山話に花を咲かせてまたふらりと
じゃあまたね


この肩の力が抜けた感じ、この自由さ。

前の記事に書いたが、祖父の死を目の当たりにして僕が学んだことは、死は恐れるものでもましてや崇高なものでもない、ただただ自然なことだ、ということだった。そんな僕の考えとこの歌の内容とが、奇しくも一致したのである。

なんというか、個人的な感想になるが、現状の僕をそっと背後から支えてくれるような、これはそんなアルバムである。

パンフレットに面白いことが書いてあった。

彼曰く、自分はこれまで「さだまさし的な物」にこだわりすぎていた。

「このまま普通のおじさんのように歳をとっていっていいのか」

これからは自分の枠を壊してどんどんヘンなじいさんを目指すようである。

「『ええ、こんな所まで!!』という所まで行ってみせるからね。そういう意味ではこれからのさだまさしは買いですよ」

さて、いったい何をやらかすのだろう。ホントにとんでもないことをやりそうな気がする。
posted by にあごのすけ at 01:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

さだまさし 「美しい朝」
Excerpt: 久しぶりにCDを買った。 最初は ホワイト学割は学生も家族も基本料は490円 のフレーズに惹かれてだが、 ソフトバンクのCMなのにソフトバンク関連の言葉はここしか出てこない。 最後は「犬のお父..
Weblog: ITニュース、ほか何でもあり。by KGR
Tracked: 2009-08-30 07:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。