2009年09月02日

睡眠薬考(3)

睡眠薬については以前にも記事に書いた。

睡眠薬考(前編)
睡眠薬考(後編)

しかしやっぱり眠れないのである。眠れるようになった、と思っても、すぐにまた不眠になってしまうのである。

僕の場合、正確には不眠と言うより睡眠障害だろう。夜眠れない。しかし昼は死ぬほど眠い。

僕の「睡眠薬歴」をまとめておこう。

1.ハルラック(ハルシオンのジェネリック)

これは飲んだ5分後くらいに眠気が訪れる。しかし決まって悪夢を見てすぐに目がさめてしまうので、次の組み合わせに変わった。

2.ハルラック+ラボナ

悪夢は見なくなったが、やっぱり3時間くらいで目がさめてしまう。
ちなみにラボナはバルビツール系睡眠薬と言われ、歴史は古く、毒性も強い。芥川龍之介が自殺に使ったのも同じ系統の薬。

3.ハルラック+ラボナ+ビビットエース(ロヒプノールのジェネリック)

ハルラックが超短期型なのに対し、ビビットエースは中期型である。
これで朝までぐっすり眠れるようになった……と思っていたのは僕だけで、ビビットエースのせいで、眠りにつかずに無意識に何時間もしゃべり続ける、という困った事態になった。いわゆる薬物性健忘というやつである。

さらに、目がさめても昼まで朦朧状態、夢と現実の区別がつかない状態となった(くわしくはこちらの記事)。アメリカその他の国では禁止薬物に指定されているくらいだから、かなり強い薬なのだろう。

医者に訴えると、今度はこんな組み合わせになった。

4.ハルラック+ラボナ+ビビットエース+ベタナミン

ベタナミンは睡眠薬ではない。かつて問題になったリタリンと同じく、合法の覚せい剤に分類される。とにかく強引に眠らせて強引に目をさまさせよう、という発想か。僕にはあまり効かなかったが。

こうして薬物の負の連鎖が止まらなくなっていく……。

ここで事情により、僕は病院を変わった。

「ベタナミンをやめるのは苦労しますよ」

医者に言われた。しかしベタナミン、僕にはまったく効かなかったせいか、なんの問題もなくやめることができた。

睡眠薬の組み合わせは次のようになった。

5.ユーロジン+コントミン

ユーロジンは中期型。コントミンは、統合失調症患者の沈静などに使われるメジャートランキライザーである。なぜこんな薬を出されたのかわからないが、睡眠を持続させるためだろう。

しかしこれが効かなかった。かわりに、飲んでから3時間後くらいに急に睡魔に襲われたりする。コントミンが糖衣錠だからではないかと思っているが、理由は不明。

そこでこんな組み合わせも試した。

6.ユーロジン+コントミン+レンドルミン
7.ユーロジン+コントミン+エバミール


これで一時的に眠れるようになったが、耐性がついてしまうせいか、すぐに不眠に戻る。しかし前の医者はバンバン薬を増やしたのに比べ、今度の医者は、なかなか薬を増やそうとしない(おそらくそういう医者のほうが良い医者なのだろうが)。

「運動をすると眠れるようになりますよ」
「太極拳を習ってみてはどうですか」


しかし何をやっても睡眠障害は改善しない。夜眠れなくて昼眠い。

先日昼間に病院に行った。

待合室で僕は眠りこけてしまった。医者がいくら名前を読んでも起きなかったらしく、診察中も僕は朦朧状態。これを見て医者はようやく睡眠薬を変えようと言い出した。

8.ユーロジン+セロクエル

セロクエルもコントミンも、同じメジャートランキライザーである。そのちがいは何か? 調べると両方とも、脳内物質であるドーパミンとセロトニンを抑制する薬である。しかしうつ病は、セロトニン不足で起こるんじゃなかったっけ?

不思議である。おそらく医者も医学も、薬が効く理由についてはまだよくわかってないのではないか。薬の組み合わせ方、処方の仕方も、医者によってバラバラ。どちらかというと経験から薬を調合する漢方薬医に近い印象を受ける。

しかしとにかく、現在はこのユーロジン+セロクエルでなんとか落ち着いた次第。

強制的な感じではなく、自然と眠りにつける。6時間ほどで目がさめる。起きても眠気は強い。いくらでも眠り続けられそうな感覚はある。そこはコーヒーを飲むなり煙草を吸うなりしてしのぐしかない。


※精神疾患がややこしいのは、おそらくそれは必ずしも「脳の病気」と言えないからではないかと僕は思っている。

僕が思うに、「こころ」は脳の中だけにあるのではない。「こころ」はおそらく、脳を含めた人間の関係性(人間関係、文化、言語)に、分離不可能なくらい密接につながっている。

posted by にあごのすけ at 07:24| Comment(4) | TrackBack(0) | 精神 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても興味深くおもしろいです。私もBPUと診断され6年経とうとしています。最初ひどい鬱になり、不眠、体の痛みなど・・・やっと仕事復帰しましたが、楽しいことはないです。鹿児島在住です。仕事は看護師(男ですが)です。以前精神科に10年勤めてまして、精神科についてすごく勉強してたのに、別な職種になって病気がひどくなったようです。神田橋先生が主治医でよくなって社会復帰できました。そううつは内省はしないほうが良いとのことですがいろいろ考えていまってうまくいかないです。自由気ままで窮屈でないことが波を小さくするようです。いろいろな知識が大変おもしろく勉強になります。これからも読ませてください。
Posted by みの虫 at 2009年11月08日 15:08
2つ同じものを書き込んでしまいました(。。);削除してください。すみません。不慣れでやり方わからないので宜しくお願いしますm(、。、)m
Posted by みの虫 at 2009年11月08日 15:16
>みの虫さん

はじめまして。お返事遅くなりすみません。
僕はウツのときは、とことん考え抜いて解決策を見出そうとし、ドツボにはまってしまいます(悩むエネルギーだけはある)。

でも最近ようやく「前向き」に考えるコツもつかめてきました。

明るく悩みたいですなあ。。。
Posted by にあごのすけ at 2009年11月18日 18:43

お姉たまにチ ○ ポもてあそばれただけなのに!!
そんで諭吉さん7枚も貰えるとかwwww

仕事クビになってニートしてたけど、これでお金に困ることナッシングwww
ていうか前より給料多くなってる件!!(*゚∀゚)=3
http://y9dynw8.tiki.pupipo.net/
Posted by クビ切られて正解だったなw at 2010年09月19日 03:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。